2008年11月28日

ゴドーを待ちながら



多摩美の演劇科の公演のチラシを作らせてもらいました。

ちょっと画像では見えにくいので、左下の文字情報を念のため。

*****************************************************
ゴドーを待ちながら

サミュエル・ベケット 作
安堂信也 高橋康也 訳
2008年12月14日(日)~12月17日(水)
多摩美術大学上野毛校舎 講堂(入場無料)*****************************************************

有名な戯曲なので名前は知っていたけど、
ウィキペディアによると、

『ゴドーを待ちながら』(En attendant Godot)とは、劇作家サミュエル・ベケットによる戯曲。副題は「二幕からなる喜悲劇」。1940年代の終わりにベケットの第2言語であるフランス語で書かれた。初出版は1952年で、その翌年パリで初演。不条理演劇の代表作として演劇史にその名を残し、多くの劇作家たちに強い影響を与えた。

・・だそうだ。

久し振りにコラージュを作ったけど、
劇の内容を意識したので、いつもの作風と違うものになった。

実は演劇のチラシを作るのは今回が初めてではなくて
00年と01年に別の劇団のチラシを作らせていただいたことがあるのだが、
その2枚は今見るとかなり反省点の残るもので、
ホームページにも掲載していない。
(なんて書くと、使ってくれた方々には申し訳ないのだけど。)

で、今回たまたまこういう話が来たので、
今度は納得いくものにしたいなあという思いが込めてある。
まあ、自分の納得と、チラシとしてどの程度役に立つのかは
別の話かもしれないが。

でも、以前の2枚の時はすごく参加するのが楽しくて
その時のことを思い出したりもした。
稽古場を見学させてもらったて役者さんのテンションを感じたり、
デザインのイメージを先に指示してもらったり、
そういうのが楽しかった。

昔も今も、絵で人と関われるのは嬉しいです。

2 件のコメント:

えど さんのコメント...

いいチラシだね。
芝居の中身を期待させるよ。
これからも、いろんな人や団体と一緒に創作したら、良いと思う。

KAZZ さんのコメント...

おひさしぶりです!
芝居のチラシって難しいけど、
いい刺激になります。